ETCカード比較・即日発行特集

HOMEETCカード選びの着眼点>国際ブランドでETCカードを選ぶ

国際ブランドでETCカードを選ぶ

ETCカードを選ぶ上で、国際ブランドは重要ではありません。国内のカード会社が発行しているETCカードである以上、その親カードの国際ブランドがVISAであろうがMastercardであろうが、不都合なく使えますし、ETC利用において、国際ブランドが損得に影響を及ぼすようなこともありません。

ただし、『親カードの用途』を考えた時、国際ブランドはどれでもいいとは言えないケースもありますし、各国際ブランド共通のサービスがあったりしますので、多少なりとも国際ブランドの知識をもった上でカード選びをすることをおすすめします。

そもそも国際ブランドって何?

国際ブランドとは、VISAやMastercard、JCBなどクレジットカードの決済システムを国内外で提供しているブランドのこと。例えば、VISAのロゴが入ったクレジットカードを持っていれば、世界中のVISA加盟店でカードショッピングができます。

七つの国際ブランド

クレジットカードには七つの国際ブランドがあって、七大国際ブランドなどと言ったりします。

  • VISA(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • AmericanExpress(アメリカン・エキスプレス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)
  • 中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)
  • Discover Card(ディスカバーカード)

新興の中国銀聯とDiscover Cardを除いて五大国際ブランドと言ったり、圧倒的な加盟店数と会員数を持つVISAとMastercardの二つを二大国際ブランドと言ったりします。

なお、当サイトは、ETCカードの作成を第一目的とした方を対象としていますので、以下の内容については、日本国内におけるメジャーブランドであるVISA、Mastercard、JCBについて主に取り上げます。

国際ブランドを気に掛けた方がよいケースとは?

ETC以外の用途次第では国際ブランドを判断材料の一つとして考えた方がよいと言いましたが、国際ブランドを意識するのは親カード(クレジットカード)を海外で利用する可能性がある場合です。

加盟店数の多寡によって海外における使い勝手が大きく変わってきますので、海外利用を想定している場合は、加盟店の多いVISAやMastercardの利用がおすすめ。また、アジア周辺国やハワイやグアムといった日本人観光客の多い国、地域への渡航を想定する場合は、JCBもおすすめです。

なお、海外旅行者向け特典の豊富さで言えば、AmericanExpressやDiners Clubなども注目に値しますが、ETCカード作成を主目的とする場合は、高額年会費の高級カードが多い両ブランドは検討対象外となるのが一般的かと思います。※セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのように、提携カード会社から発行されている年会費無料カード(実質無料含む)は例外です。

各国際ブランドの特徴

VISA、Mastercard、JCBの特徴について簡単に見ていきたいと思います。

VISA

VISA

VISAは、世界各国に加盟店を持つ国際ブランド最大手。取扱高シェアはダントツのトップ。海外はもちろん、日本国内においてもその知名度は抜群。海外利用を考えるなら絶対に抑えておきたい国際ブランドと言えるでしょう。

なお、テレビCMなどの影響もあって、VISAと言えば、『三井住友VISAカード』を思い浮かべる方が少なくないと思いますが、VISAはあくまでも決済システムを提供している国際ブランドとしてのVISAであって、三井住友VISAカードは、三井住友カードというカード会社が国際ブランドVISAからライセンスを得て発行しているクレジットカードの一つである点にお気を付け下さい。

セゾンカードインターナショナル

VISAブランドのETCカードでおすすめしたいのは、セゾンカードインターナショナルです。年会費永久無料でポイント有効期限がない永久不滅ポイントが魅力。窓口での即日発行も可能なため、当サイトでは特に人気のあるカードです。

エポスカード

海外利用を想定して作る場合は、年会費無料で作れるエポスカードがおすすめです。自動付帯&高額補償の海外旅行保険や緊急医療アシスタンスサービスがセットされるなど海外利用に最適です。

エポスカードも即日発行に対応していますが、本カードのみで、ETCカードは即日発行には対応していませんのでご注意下さい。

なお、日本国内におけるVISAカードの代名詞とも言える三井住友VISAクラシックカードをおすすめしたいところでしたが、ETCカードの年会費が税別500円(年1回の利用で次年度無料)と、条件付きの無料カードとなっているため、他のカードをおすすめとさせて頂きました。

Mastercard

Mastercard

Mastercardは、VISAに次ぐ規模を持つ二大国際ブランドの一つ。テレビCMを積極的に行っているため、『プライスレス』や『お金で買えない価値がある』といったフレーズを覚えているという方も少なくないと思います。

VISA同様、決済システムの提供に特化。加盟店数も多く(3,810万店以上※2014年5月のKDDIニュースリリースを参考)、日本国内はもちろん、海外でも十分力を発揮してくれる国際ブランドです。なお、クレジットカードの独自発行は行っていないため、Mastercardのクレジットカードを作るには、ライセンスを付与された各カード会社を通じて発行してもらうことになります。

Orico Card THE POINT

VISAと違って、『Mastercardと言ったらこのカード!!』というのがありませんが、強いてあげるならOrico Card THE POINTがおすすめ。年会費無料でポイント還元率の高さ(基本還元率1.0%)がウリ。その他オンラインモール経由での通販に強みを持ちます。還元率が高いため、ETCカードもおすすめです。

JCB

JCB

外国企業の国際ブランドが多い中、唯一日本企業が提供しているのがJCBです。日本国内では、知名度が高く、加盟店数も充実していますが、海外では弱いと言われることも。

ただ、海外の中でも日本人観光客の多い国・地域では必ずしもそうとは限らず、例えばハワイなどでは必携と言っても過言ではありませんし、最近では、他の国際ブランドとの加盟店相互開放などの効果もあって利用可能なお店を急速に増やしています。

JCBカードの海外旅行者向けサービスとしては、ホテルやレストランの予約や観光情報などを提供をしてくれるJCBプラザや、ドリンクサービスやマッサージ機、荷物の当日中一時預かりサービスなどを提供しているJCBプラザ ラウンジが世界60ヶ所(JCBプラザ ラウンジは9箇所)に設置されているほか、人気都市の地図とおすすめ加盟店が掲載されている優待サービス付き小冊子『JCB優待ガイド』の無料配布などを行っています。これらはJCBのロゴマークが刻印されているクレジットカードをお持ちであれば誰でも使える共通特典です。

JCB EIT

おすすめのJCBカードは、年会費永久無料のJCB EIT。高いポイント還元率に充実した海外旅行保険が魅力です。また、最短3営業日発行のため、ETCカード発行を急いでいる方にもおすすめです。

ETCカード一覧国際ブランドで絞り込めます

国際ブランドで絞込み可能なETCカード一覧です。

国際ブランド
年会費
ETCカード

↑即日発行が可能なETCカード↑