ETCカード比較・即日発行特集

HOMEETCカード選びの着眼点>Suica付きのETCカード

Suica付きのETCカード

Suica

電車やバスの運賃の支払い、コンビニや駅売店での買い物などにSuicaを使っている方は少なくないと思いますが、Suica付きクレジットカードのETCカードを作るというのはいかがでしょう。

オートチャージなどの便利機能やチャージによるポイント還元モバイルSuicaの年会費が無料になるなど決してメリットは小さいものではありません。Suicaをより便利に、よりお得に使いたければ、Suica付きのクレジットカード(ETCカード)がおすすめです。

なお、誤解のないようにあらかじめ正しておきますが、SuicaはETCカードの親カードであるクレジットカードにセットされているものであって、ETCカードにSuicaがセットされているわけではありませんのでご注意を。

Suica付きクレジットカード(ETCカード)を持つメリット

Suica付きのクレジットカード(ETCカード)を持つ利点は主に3つあります。①オートチャージが可能なことと②チャージでポイントが付くこと、そして③モバイルSuicaの年会費が当面無料になることです。以下、具体的に見ていきたいと思います。

オートチャージができる面倒なチャージ作業から解放されます!!

Suica付きクレジットカードはオートチャージが使えるので、都度チャージする手間から解放されると同時に、自動改札で止められ周囲に迷惑を掛けてしまう心配から解放されます。なお、Suica付きのクレジットカードからは、以下のSuicaへのオートチャージ設定が可能です。

  • Suica付きクレジットカードのSuica
  • 記名式Suica(Suica定期券やMy Suica、Suica付学生証、Suica付社員証など)
  • モバイルSuica

オートチャージが利用できる場所

オートチャージが利用できるのは、Suicaエリア(首都圏や新潟、仙台)と首都圏のPASMOエリアに限定されます。また、オートチャージは対象エリアの自動改札から入場する際に行われます。出場の場合、新幹線の自動改札、私鉄とJRの連絡用改札機、あるいはショッピング利用時はオートチャージサービスを利用できませんのでご注意を。

モバイルSuicaの年会費1,030円(税込)が当面無料

何かと便利なモバイルSuicaですが、一般クレジットカードを登録すると、年会費1,030円(税込)が掛かるのがネック。

『便利そうだから使ってみたいけど年会費は払いたくない』

そう考える方におすすめなのが、Suica付きクレジットカード。Suica付きクレジットカード(正確にはビューカードやビューカード提携カード)で登録すると、当面の間、年会費が無料になります。当面の間という言葉に反応される方もいると思いますが、それほど気にする必要はないでしょう。

と言うのも、サイト管理人自身、サービス開始当初よりモバイルSuicaを使用しており(7,8年使ってます)、有料化されたら解約しようと思っていますが、いっこうに有料化される気配がありませんし、有料化する気があるのかも疑わしい気がしないでもありません。

モバイルSuicaに一般カードを登録してもオートチャージは使えません

モバイルSuicaにSuica機能のない一般のクレジットカードを登録すると、年会費が掛かるだけでなく、モバイルSuicaのオートチャージ機能も使えませんのでご注意下さい。

チャージでポイントが付く!!

Suica付きクレジットカードからカード決済でチャージすると(オートチャージ含む)、カード利用ポイントが付きます。どの程度のポイントが付くかはカードにより異なりますが、ビックカメラSuicaカードはSuicaチャージで1.5%のポイント還元がなされるなどお得度満点です。

なお、Suica付きクレジットカードは、自身に付いているSuicaへのチャージはもちろん、記名式Suica(Suica定期券やMy Suicaなど)やモバイルSuicaにチャージすることができますが、一般のクレジットカードからチャージできるのは、モバイルSuicaに限られます(しかも年会費が掛かる)。

ポイント二重取りも可能

カード決済でチャージしたSuicaでSuicaポイントクラブ加盟店を利用するとカード決済によるポイントとSuica利用によるポイントの両方が貯まります。

チャージ還元率の高いビックカメラSuicaカード(1.5%還元)でチャージしたSuicaでSuicaポイントクラブ加盟で買い物をした場合、チャージ分の1.5%に加えて0.5%~1.0%のポイントが別途付与されます。合計2.0%~2.5%が還元されます。

おすすめETCカード

Suica機能付きのおすすめクレジットカード(ETCカード)を紹介します。

イオンSuicaカード

コスト重視ならイオンSuicaカードがおすすめ。年会費負担が一切ない大変貴重なカードです。イオングループ利用時の割引やポイント優遇特典が大変充実しています。

ビックカメラSuicaカード

ポイント還元率を重視するならビックカメラSuicaカードがおすすめ。基本還元率(1.0%)が高い上にSuicaチャージ時の還元率は何と1.5%。ETCカードの年会費は有料となりますが、本カードの年会費は年1回のショッピング利用で次年度無料になる無料条件付き。

なお、ETCカードの年会費負担が気になるという方は、WEB明細ポイントサービスの活用をおすすめします。明細発行の都度20ポイント(50円相当)がもらえます。少額でも毎月利用すれば、1年間で600円相当のポイントが貯まり、ETCカードの年会費分以上となります。※次に紹介する「ビュー・スイカ」カードも同様です。

「ビュー・スイカ」カード

Suica定期券機能を付けたい方には、年会費負担がネックになりますが、「ビュー・スイカ」カードがおすすめ。クレジットカードとSuica定期券が一枚で持てるので財布やカードケースがスッキリします。

Suica機能付きカード一覧

Suica機能付きのカード一覧です。いずれもETCカードの追加発行が可能です。

Suica機能
費用 本カード
ETCカード

↑即日発行が可能なETCカード↑