ETCカード比較・即日発行特集

HOMEETCカード選びの着眼点>QUICPay(クイックペイ)機能付きETCカード

QUICPay(クイックペイ)機能付きETCカード

QUICPay

QUICPay(クイックペイ)は、JCBとイオンクレジットサービスにより開発されたポストペイ(後払い)方式の電子マネー。端末にかざすだけであっという間に決済完了。ポイント還元もありお得です。

また、加盟店も多く、セブンイレブンなど主要コンビニの大半を網羅しているほか、ガソリンスタンドもENEOS、昭和シェル、Expressブランドに対応するなどETCカード以外の用途も豊富です。

特徴

QUICPayはポストペイ(後払い)方式の電子マネーで、加盟店での買い物その他の支払いに使えます。使い方は簡単。端末にQUICPayをかざすだけ。サインの記入も不要です。ポストペイ方式のため、プリペイド型電子マネーのようなチャージ(入金)の必要がなく、使った分は、その他のクレジットカード利用分とともにまとめて請求されます(ポイント還元もあり)。

また、クレジットカードの利用限度額までQUICPayを使うことができるため、チャージ上限額が数万円程度に設定されているプリペイド型電子マネーに比べて高額の支払いにも対応しているほか、紛失・盗難時はクレジットカードと同様の紛失・盗難補償が適用されるため、安心感も抜群です。

種類

種類は全3種類。好みに応じて選べますが、クレジットカードによりどのタイプのものが利用できるかが異なりますのでご注意下さい。

種類 特徴
携帯型 携帯電話、スマートフォンに設定アプリをダウンロードして使用。キャリアにより対応可能なカード会社が異なります。
専用カード型 その他の機能が全くないカードタイプのQUICPay。クレジットカードとは別に持ちたいという方におすすめ。
クレジット一体型 クレジットカードにQUICPay機能がセットされたもの。1枚で事足りるためカード枚数を増やしたくない方におすすめ。

カード選びのポイント

QUICPay機能付きのETCカードを選ぶ際に注目しておきたい点は、①年会費と②ポイント還元率、③対応可能なQUICPayの種類の3点です。年会費は無料(条件付き無料を含む)が基本。ポイント還元率は高い方が良いのですが、カード利用額が少ない場合は、ポイント有効期限の長さを重視されることをおすすめします。

また、カード毎に対応可能なQUICPayの種類が異なるため、携帯型、専用カード型、クレジット一体型のうち、どれがいいかを検討した上で、それに対応可能なカードを選択することをおすすめします。

おすすめETCカード

JCB EIT

おすすめするのは、何と言っても年会費無料のJCB EITです。ポイント還元率が高く(1.0%)、ETC利用はもとより、メインカードに最適。海外旅行保険など保険も充実している超お得カードです。

QUICPayに関しては、専用カードからクレジット一体型、携帯型の全てに対応しており、選択肢の豊富さも魅力です。

QUICPay機能搭載ETCカード一覧

QUICPay搭載カードの一覧です。
QUICPay種類 カード型
携帯型
費用 本カード
ETCカード

↑即日発行が可能なETCカード↑