ETCカード比較・即日発行特集

HOMEETCカード選びの着眼点>ブランド重視でETCカードを作る

ブランド重視でETCカードを作るいざという時の1枚をお持ちですか?

年会費やポイント還元率などETCカードを選ぶ際の注目点はいくつもありますが、ブランドを意識することも忘れてはなりません。VISAやJCBなどのいわゆる国際ブランドと言われるものではなく、カードそのものや発行企業が持つブランドイメージのことです。特にクレジットカード(ETCカード)は、お金に関係するものですから、ブランドを意識することは、時と場合によってはとても大事になります。

例えばこんなことを想像してみてください。結婚を前提に真面目な付き合いを始めたばかりの異性がいたとしましょう。何かの会計の際、交際相手が差し出したクレジットカードが目に入ってしまったのですが、それが消費者金融発行のものだと気づいたとしたらどうでしょう?

何も感じないかマイナスのイメージは持つことはあっても、プラスのイメージを持つことは常識では考えにくいものがあります。日本では消費者金融はサラ金とも呼ばれ、残念ながらあまりいいイメージはありません。そうした会社が発行するクレジットカードを持つ相手と結婚を前提に交際していることに不安を感じたとしても何らおかしなことではないのです。

では、逆はどうでしょう。交際相手が差し出したカードが、アメックスのゴールドだったりしたら・・・。プラスの印象を持つことはあってもマイナスの印象を持つことは、考えにくいと思います。

というように、持ち物や身につけるものが、その持ち主の印象に多かれ少なかれ影響を与えてしまうのと同様に、クレジットカードも使う人の印象に多少なりとも影響を与えてしまうものなのです。

じゃあ、どうしたらいいか?

どんな利用シーンであっても堂々使えるカードを最低1枚は持っていて欲しいと思います。ブランド重視のカードを持つということはそういうことを意味します。普段はGパンやTシャツといったラフな服装を好む方も、結婚式などフォーマルな場になればビシッとスーツで決めて出席されるでしょう。それと同じです。

デートの時や仕事関係の上司や部下、同僚など人目に触れるシーンで利用するクレジットカードとして恥ずかしくないものをお持ちになることをおすすめします。

基本は銀行系カード会社のプロパーカード

ブランドを意識すると言っても、何も年会費の高いゴールドカードを作らなければならないというわけではありません。年齢や社会的地位の高い方が、それに相応しいクレジットカードということで、ゴールドやプラチナを持つことはあるでしょうが、一般人ベースでは無理にそうしたものを持つ必要はありません。基本は銀行系カード会社のプロパーカード(カード会社単独発行のカード)。年会費も無料あるいは条件付き無料程度のもので十分です。

ブランド視点で選ぶおすすめETCカード

VISAカードの代名詞とも言える三井住友カードや国内トップシェアを誇るカード会社ジェーシービーのプロパーカードがおすすめ。具体的には、三井住友VISAクラシックカードA(女性の場合はアミティエ)やJCB EIT。ETCカード目的で持つならJCB EITが年会費無料でポイント還元率も高くベストです。

一方、三井住友カードは、簡単な条件で年会費無料になりますが、ETCカードの方も条件付き無料(年1回の利用)となっていますので、その辺を踏まえた上で利用されることをおすすめします。

なお、ゴールド志向があるなら、三井住友VISAゴールドカードをお調べになることをおすすめします。日本を代表するゴールドカードでありながら、比較的簡単な年会費割引条件が設定されており、税別10,000円(初年度無料)の年会費が税別4,000円になります。

また、20歳代限定の三井住友VISAプライムゴールドカードに至っては、スペック面ではゴールドカードとほぼ同等にも関わらず、割引条件を満たすことで、税別5,000円(初年度無料)の年会費が税別1,500円にまで減額され、大変持ちやすくなります。下手な有料カードを作るくらいなら、プライムゴールドカードの方がステータス面・スペック面でも充実しておりおすすめです。


↑即日発行が可能なETCカード↑