ETCカード比較・即日発行特集

HOMEETCカード選びの着眼点>ポイント還元率の高いETCカード

ポイント還元率の高いETCカード

ETC利用で最大限メリットを享受するには、ポイント還元率の高いETCカードを選択するのが一番。獲得ポイントをギフト券に交換したり、欲しいものを手に入れる。現金払いでは得られないカード利用の醍醐味です。その醍醐味を存分に味わうには、カード利用額に対するポイント還元の多いカード、つまりポイント還元率の高いカードを選択しなければなりませんが、その際に気をつけたいことを3点紹介します。

おすすめカードを今すぐ見る

ポイント還元率の高いETCカードを選ぶ前に気をつけたい3つのこと

ポイント還元率は高いに越したことはありませんが、カード選びの際に見ておかなければならないのは、還元率ばかりではありません。還元率に関連するその他の要素も抑えておいた方が、より満足のいくカード選びが可能になります。

年会費の掛かるカードは費用対効果を抑えておくこと

どんなカードを選ぶ場合も年会費は気をつけなければなりませんが、高還元率カードを選ぶ場合も同じです。ただ、必ずしも年会費が掛かるカードが×というわけではありません。重要なのは費用対効果。年会費が掛かろうとも、ポイント還元などでそれ以上の見返りがあるなら、年会費は大きな問題ではありません。もっとも、『絶対に無料カードしか作らない!』そう心に決めている方も少なくないようですが、それはそれで貫き通せばよいと思います。

抑えておきたいポイント還元率の相場感

ポイント還元率の業界標準は0.5%と見ていいでしょう。大半のカードが還元率0.5%ですので、還元率が0.5%だったとしたら、ごく普通のカードだと思ってもらって構いません。還元率1.0%とになると高い方の部類に仲間入りとなり、1.0%を超えてくるとかなり高い部類に入ってきます。

年会費との兼ね合いで見ると、必ずしも年会費とポイント還元率は連動していませんが、無料カードの場合は、還元率1.0%あれば十分高いと見ることができます。リクルートカードが年会費無料にも関わらず還元率1.2%となりますが、これは例外中の例外です。

条件付き無料カード、あるいは有料カードになってくると、より還元率の高いカードが出現します。例えば、エクストリームカードの1.25%~1.5%。有料カードでは、リクルートカードプラスの2.0%など。ここ何年か信販系カード会社のジャックス中心に還元率引上げが行われてきましたが、収益上の問題もありますので、還元率2.0%くらいでさすがに頭打ちになるかもしれません。

カード利用額が少ない人は特に有効期限も抑えておくこと

カード慣れしていて、普段からカード利用額がそこそこある方が、高還元率のカードを持つと簡単にポイントが貯まりますが、カード利用機会・額が少ない方が、いくら還元率の高いカードを持ったとしても、カード利用の絶対額が少ないため、ポイントが貯まりにくいと思います。そんな方に気をつけて欲しいのが、ポイントの有効期限。期限切れによる失効に気をつけて欲しいと思います。

そのようなことのないよう、カード利用額が少ないという方は、ポイント還元率一辺倒で考えるのではなく、ポイント有効期間が長いカード、期限のないものや、実質的にないものもありますので、そのようなカードの中からより還元率の高いカードを選択することをおすすめします。なお、ポイント有効期限の業界標準は2年となっています。

ポイント還元率の高いおすすめETCカード一覧

ポイント還元率の高いカード(還元率1.0%以上)だけをリストアップしています。

年会費
ETCカード

↑即日発行が可能なETCカード↑