ETCカード比較・即日発行特集

HOMEETC基礎知識>ETC利用のメリット

ETC利用のメリット

ETC導入には、車載器購入やセットアップ等に初期費用を要するため、導入に踏み切れない人たちも少なからずいるようです。しかし、ETCを導入することで得られるメリットは決して少なくありません。初期費用と得られるメリットを勘案し、メリットが上回るようでしたら本格的に導入を検討するといいでしょう。

各種割引制度を利用できる

ETCシステムの利用促進を目的とした各種割引プログラムが用意されておりますが、その恩恵を受けることができるのは、ETC利用者に限られます。例えば通勤割引。通勤割引が適用される区間を一定条件で走行すれば、通常料金の半額で利用可能。高速料金が半額になるのはかなりのメリットと言えるでしょう。

通勤割引に限らずETC利用による割引は、数%程度のケチなものではなく、結構太っ腹な割引制度を実施しており、利用価値は決して小さいものではありません。通勤割引以外にも、早朝夜間割引(5割)や深夜割引(3割)など各管理会社毎に多数用意されています。

キャッシュレス精算により料金所での煩わしさから解放される

ETCを利用しない場合、車を止めて、お金と通行券を渡してお釣りを受け取る。大したことではありませんが、雨や風の強い日には結構嫌なものですし、同乗者がいない時は自分で小銭を用意しなければならないなど煩わしさもあります。特に左ハンドルの車だと煩わしさはかなりのものと言えるでしょう。

ETCシステムを利用すると、料金の支払いはカードによる自動払いなので、現金や通行券の受け渡しは必要ありません。料金所を通過する度に現金を用意する必要もなければ、通行券を探したりといった面倒な作業からも解放される。これもETC利用のメリットのひとつです。

クレジットカードのポイント獲得

ETCシステムの決済には、クレジットカードが使われます。カード利用によるポイント還元がありますので、ETCマイレージや各種割引にプラスしてポイント還元というプラスαの特典を獲得することができます。要はポイント獲得機会の増大です。ETCカードの利用でポイント倍付けといったカードもあります。ポイントに関してはカード毎にまちまちなので、高率還元のお得なカードがお勧めです。

燃費向上・時間節約

スマートインターチェンジをご存知でしょうか?ETC導入を検討される際、料金割引ばかりに目がいってしまいがちですが、スマートインターチェンジが利用可能になることによるメリットについても考えてみることをお勧めします。

スマートインターチェンジとは簡易型料金所で、料金徴収員はおりません。サービスエリアやパーキングエリア、その他各料金所間などに設置されており、ETC塔載車両であれば、そこから高速道路への乗り降りが可能になります。ETC塔載車両であれば、通常の料金所に加えてスマートインターチェンジが利用するこができるため、燃費向上によるガソリン代の節約はもちろんのこと時間節約にもつながります。


↑即日発行が可能なETCカード↑