ETCカード比較・即日発行特集

HOMEETC基礎知識>ETC利用上の注意点

ETC利用上の注意点

導入は億劫かもしれませんが、一度使い始めるとETCは大変便利で、高速道路を利用するドライバーにとっては欠かせないツールとなります。しかも、充実した割引制度も利用できるため、通行料金の節約にもつながります。しかし、こうしたプラスの面がある反面、使い方を誤ると事故を招いてしまう可能性もゼロとは言い切れないのも事実です。慣れてしまえば簡単ですが、最初は注意してトラブルを起こさないよう心がけることが大切です。

ETCカードの挿入を正しく行う

ETCカードを正しく挿入しなければ、ETC車載器は正しく動作してくれません。裏表、前後間違えることなく正しく挿入します。大概のETC車載器には、音声やブザー、LEDランプによる警告機能がありますので、カード挿入が不完全なまま走行することはないと思いますが、ある程度の注意は必要です。

また、正しいカード挿入以前に、カード挿入そのものを忘れるケースがあります。サービスエリアでの休憩の際に一旦カードを抜いた場合に再挿入を忘れるケースなどがありますが、差し忘れについてもドライバー本人が注意するしかありません。

ETCカードの有効期限に注意する

有効期限が切れたETCカードは使えません。カード会社による更新拒否でもない限り、有効期限が切れる少し前に新しいカードが届きますので、期限切れカードを使うことは通常考えられません。しかし、何かの間違いで使ってしまった場合、料金ゲートで停止させられます。本人にとっては予想外の停車ですから、場合によっては危険を伴うこともあります。

そうならないためには、都度、注意するしかありませんが、最近の高機能ETC車載器の場合は、ETCカードの有効期限読み上げ機能が付いていますので、カード挿入時などにしっかり確認されることをお勧めします。もっとも、ETC車載器の読み上げを聞く以前に、利用前に券面を見て確認すればいいだけですので、習慣付けすることをお勧めします。

クレジットカードの利用可能残高に注意

クレジットカードは限度額の範囲で与信されたものですから、限度額以上に使うことは通常できません。ETCカード利用の際に限度額を超過してしまう場合、決済認証が行われず、料金ゲートを通過できないことがあります。そうならないためにも、出発前には利用可能残高をチェックしたり、いざという時のために予備のETCカードを用意しておくことをお勧めします。

また、他でも述べていますが、料金ゲートはスムーズに通過できるとは限らず、何らかの理由で緊急停止させられるということを常に頭に入れ、いつでもブレーキを踏める体勢を整えておくことをお勧めします。

料金所を通過する時は減速(20Km/h以下で)

料金所付近では、ETC利用に起因する交通事故が多発しているようです。開閉バーに衝突したり、開閉バーが上がらないため急停車したところ、後続車両に追突されるといった事故が多いようです。ノンストップがETCのウリなだけに、料金所で停車することを想定していないことが原因の一つにあるようですが、いつ何時でも停車できるよう、料金所を通過する際は、充分減速し、細心の注意をして下さい。

ETCカードを車内に放置しない

ETCカードは、ETC車載器が設置された車であれば誰の車でも使えるため、盗難に遭うと悪用される危険があります。抜き忘れなどで盗まれた場合、盗難保険の対象とならないため、ETCカードの管理には十分な注意が必要です。クレジットカードにETC機能が登載された一体型ETCカードの場合はショッピングにも使えるため、より一層の注意が必要です。


↑即日発行が可能なETCカード↑