ETCカード比較・即日発行特集

HOMEETCカード基礎>ETCカードとは?

ETCカードとは?

ETCを利用する際に欠かせないプラスチック製のカードのことをETCカードと言います。ETCカードには料金決済に必要な情報が埋め込まれており、料金所を通過する前にETC車載器にセットして利用します。料金所通過に際しては、無線で情報交換が行われます。

ETCカードの入手方法

クレジットカードを扱っているカード会社や信販会社などに申込むことでETCカードを手に入れることができます。申し込みを行う会社が発行しているクレジットカードを既に持っている場合は、ETCカードのみの申し込みが可能ですが、持っていない場合は、クレジットカードとETCカードの両方を作る必要があります。

大概は同時申し込みが可能になっていますが、稀に同時申し込みができないカード会社も存在しますので注意が必要です。そのようなケースでは、最終的にETCカードを手に入れるまでにかなりの日数を要してしまいますので、お急ぎの場合は同時申し込みが可能なカード会社を選択することをお勧めします。

なお、クレジットカード及びETCカードは申し込みをすれば、誰でも作れるという性質のものではありません。無職で収入がないだとか、ブラックリストに掲載されているといった場合など、審査に通過できない可能性があります。

ETCカードの作成を申し込んでから手元に届くまでに数日~数週間かかります。ETC導入予定がある場合は、なるべく早くETCカードの申し込みを済ませてしまうことをお勧めします。

車載器の購入とETCカードの申込みは、どちらが先でも特に問題はありませんが、先にも述べたようにETCカードの作成にはカード会社の審査があります。申し込んだからと言って100%作れるものではありませんので、審査に不安のある人は、ETCカードを先に作ってから車載器を購入した方が無難です。

ETCカードの種類

ETCカードは大きく2つに分類されます。分離型と一体型。主流は分離型で一体型は以前は多少見られましたが、最近ではほとんど見られなくなったように思います。ETCカードは、使い方の特性から言って車内に置き忘れる可能性の高いものです。ショッピングができる一体型カードが盗難にあった場合、ETCカード単体が盗難にあった時以上に大きな被害が生じる可能性があります。そういう意味からも分離型の方が主流になっていったのだと思われます。

分離型ETCカード

分離型カード

ETCカードとしての機能のみ有するカードで、クレジットカード本体(親カード)とは別に発行されます。クレジットカードを持っていない場合は、メインとなるクレジットカード(親カード)の申込みと同時に、あるいはクレジットカード取得後に改めてETCカードの申込みをすることになります。クレジットカードとETCカードを同時に申し込んだ場合、通常はクレジットカードが先に届き、ETCカードは後から届くようになっています。

一体型ETCカード

一体型カード

ETCカードとクレジットカードが1枚になったカード。通常のショッピング機能とキャッシング機能が付いています。カード枚数を増やしたくない場合に適しています。財布やカードケースがスリムになるし、カード管理のしやすさという点でメリットがあります。

ただ、セキュリティ面では微妙です。盗難被害に遭った場合、分離型ETCカードの場合は、高速道路で悪用されるにとどまりますが、一体型ETCカードの場合は、ショッピング機能やキャッシング機能もついているため不正使用の機会が多くなります。セキュリティ面で考えると分離型ETCカードの方が優れています。

また、一体型ETCカードは年会費の掛かるクレジットカードに多く見られるのも特徴的。種類は多くありません。分離型ETCカードの方が年会費無料カードも多く、選択肢が豊富です。

ETCカードのデザインは地味なものが多い?

ETCカードは、ETC車載器に挿入して使うものであり、人目に触れる機会がほとんどありません。そのせいか、ETCカードのデザインには、比較的地味なものが多い傾向にあるようです。デザインも各社とも一種類しかないのが一般的です。

ETC2.0でも同じETCカードが使える

2016年4月以降、本格始動したETC2.0サービスを利用するには、ETC2.0対応車載器が必要になりますが、ETCカードは、従来のものをそのまま利用することができます。お手持ちのものがある場合は、新しく作る必要はありません。

即日発行対応のETCカードは限られています

当サイトで紹介しているETCカードの一覧をご覧頂くと分かるように、即日発行サービスに対応しているETCカードは、ごく少ない(セゾンカードインターナショナルなどクレディセゾンの一部のカードのみが対応しています)のが現状です。

ETCカードは最低2枚

利用限度額一杯にクレジットカードを使ってしまうと、利用可能枠が空くまでの間、一時的にETCカードが使えなくなります。長距離ドライブを予定している時などは特に要注意。いざという時のために、ETCカードは最低2枚用意しておくことをお勧めします。ただ、ETCマイレージサービスのポイントは、複数カードで合算できないので、メインカードといざという時の予備のカードと分けて使うのがポイントです。


↑即日発行が可能なETCカード↑